寒さ飛ばす気合いの突き 今治の日本拳法道場 海岸で寒稽古 by 愛媛新聞ワイドえひめ

2017(平成29)年1月5日付 愛媛新聞ワイドえひめに今治拳友会冬の祭典 第7回寒稽古の記事が掲載されました。



寒さ飛ばす気合いの突き
今治の日本拳法道場 海岸で寒稽古
(元旦の海岸で気合の入った掛け声とともに突きを繰り出す今治拳友会の道場生)
 
 日本拳法の道場「今治拳友会」は1日早朝、愛媛県今治市東村1丁目の織田が浜で寒稽古を行い、5~55歳の道場生ら33人が寒風吹く海岸で心身を鍛錬した。

 寒さに負けない気力と体力を養おうと2011年から元旦に実施している。参加者は午前6時ごろ真っ暗な海岸に集合し、砂浜をランニング。日の出が近づき、明るくなった午前7時ごろには大人は海に、子どもは波打ち際に移動し、気合の入った掛け声とともに突きを繰り返した。

 毎年参加している日高小学校4年の田村虎太郎君(10)は「寒さに負けないように精いっぱい声を出した。今年出場する全ての大会で優勝したい」と抱負を語った。今治拳友会の村上泰史理事長は「愛媛国体のデモンストレーションスポーツとして8月に市内で日本拳法の交流大会が開かれる。多くの人に日本拳法を親しんでもらいたい」と話した。


転載元: 航 格闘日記

スポンサーサイト

元旦の誓い拳に込め 今治拳友会 波打ち際で寒稽古 by 愛媛新聞 

2016(平成28)年1月5日付 愛媛新聞ワイドえひめに今治拳友会冬の祭典 第6回寒稽古の記事が掲載されました。



元旦の誓い拳に込め
今治拳友会 波打ち際で寒稽古

(初日の出前の砂浜で稽古に打ち込む今治拳友会の道場生)

 心身を鍛錬しようと、日本拳法の今治拳友会が1日、今治市東村1丁目の織田が浜で寒稽古を行い、初日の出前から波打ち際で突きや蹴りを繰り出した。

 稽古は、子どもから大人までの道場生ら約30人が午前6時ごろ開始。真っ黒な砂浜をランニングした後、はだしになり、子ども達は「冷たい」と表情をこわばらせながらも、気合いの入った声に合わせ前蹴りなどの練習に励んだ。
 辺りが明るくなった日の出前には大人が海に入り、子どもは波打ち際へ。寒さに耐えながらトレーニングに打ち込んだ。
 初参加の乃万小学校2年井手虹花さん(8)は「砂が冷たく、はだしでの稽古は大変だった。今年は四国大会で優勝して全国へ出場したい」と話していた。
 今治拳友会の寒稽古は2011年からの恒例行事。


転載元: 航 格闘日記

日本拳法トリプル「金」 by 愛媛新聞

2015(平成27)年10月7日付 愛媛新聞に日本拳法全国大会の記事が掲載されました。



 日本拳法総合選手権大会で優勝した(前列左から)田村君、宮崎さん、佐伯さん。(左後列から)と3位の井出さん、準優勝の古川さん
 
日本拳法トリプル「金」
 今治拳友会 佐伯さん(12)、宮崎さん(12)、田村君(9)
大阪市でこのほど開催された日本拳法総合選手権大会(日本拳法全国連盟主催)少年の部で、今治市の今治拳友会に所属する市内の小中学生3人が見事優勝を果たした。
 
小中学年・男女別 全国大会突き蹴り躍動
 3人は西中1年佐伯朱音さん(12)、日高小6年宮崎愛子さん(12)、同校3年田村虎太郎君(9)。
 日本拳法は防具を着け突きや蹴り、組み技などで勝負を決める。少年の部は突きと蹴りのみで、地区予選を勝ち抜いた336人が出場。小学1年から中学3年まで学年ごとに男女別で実施された。
 宮崎さんは初優勝で「夢みたい」と喜びいっぱい。決勝ではチームメイトの日高小6年古川そらさん(12)と対戦した。お互い手の内を知る相手で難しい試合となったが、得意の面突きで勝利。「試合ではライバルだけど同じ学年のチームメイト5人は一緒に高めあう仲間。みんなでレベルアップしたい」とさらなる精進を誓った。
 佐伯さんは昨年3位の悔しさを晴らすべく強気に攻め、2年ぶり2回目の優勝。2才から競技を始めた田村君は相手を寄せ付けず3連覇を果たした。
 今治拳友会の日高小4年の井出七星さん(10)も3位入賞した。
 
(2015(平成27)年10月 7日(水)付 愛媛新聞)


転載元: 航 格闘日記

早朝の海 突き・蹴り 今治 拳友会30人心身鍛練 by 愛媛新聞 

2015(平成27)年1月5日付 愛媛新聞ワイドえひめに今治拳友会冬の祭典 第5回寒稽古の記事が掲載されました。



早朝の海 突き・蹴り
今治 拳友会30人心身鍛練

 日本拳法の今治拳友会の寒稽古が1日、愛媛県今治市東村1丁目の織田が浜海岸であり、小学生から大人までの道場生約30人が冷たい風の吹く中、力強く突きや蹴りを繰り出し、心と体を鍛錬した。
 寒さに負けない気力と体力を養おうと、2011年から取り組んでいる。今回は香川、岡山、兵庫の3県からも参加した。
 道場生は辺りが真っ暗な午前6時すぎから砂浜をランニング。はだしになって、突きや蹴りの基本動作を繰り返した。
 日の出ごろには、大人が膝付近まで海に入り、子どもは波打ち際に移動。寒さに耐えながら、気合の入った声とともに稽古に打ち込んだ。
 3度目の挑戦という今治市の日高小5年宮崎愛子さん(11)は「道場の練習と違って寒く、気合を入れて練習した。今年は全国大会で決勝に進めるよう頑張りたい」と意気込んでいた。
(2015(平成27)年 1月5日(月)付 愛媛新聞)


転載元: 航 格闘日記

集まれ!キッズ 日本拳法「今治拳友会少年部」 by 愛媛新聞

2014(平成26)年2月2日付 愛媛新聞に「今治拳友会少年部」の記事が掲載されました。



集まれ!キッズ
日本拳法「今治拳友会少年部」今治市

 「エイ、ヤー」と元気な声を出しながら突きや蹴りを繰り出す。今治拳友会(村上泰史理事長)少年部では、幼児から中学生までの35人が週3回の稽古に精を出している。
 日本拳法は日本発祥の格闘技。防具を着けて突きや蹴り、投げ技などで勝敗を決める。大学時代に打ち込んだ村上理事長(52)が地元で広めようと2007年に同会を創設し、08年に県内初の少年部が誕生した。  稽古は今治西中学校の柔剣道場を借り、1回約1時間半と短いため、村上理事長は「子どもたちが集中できるよう、時間をこまめに区切って一つ一つの技に取り組んでいる」と話す。
 全国大会優勝者を昨年初めて輩出するなど実力も急上昇中。5歳から通う日高小学校4年田村百萌さん(10)は「防具を着けて戦うのが面白い」と目を輝かせる。

(2014(平成26)年 2月 5日(水)付 愛媛新聞)


転載元: 航 格闘日記

愛媛新聞社「集まれキッズ」取材

1月25日土曜日、愛媛新聞社「集まれキッズ」の取材を受けました。



めちゃ×2イケてる「すごすぎ日本拳法キッズ」(笑)



「みんな、いい顔してね~。」



「少し、緊張気味?」



「よっしゃー!」という感じで気合を入れて!(笑)


愛媛新聞掲載は、2月5日以降の予定です。


転載元: 航 格闘日記

まいたうん No.222

平成25年10月12日(土)付 MY TOWN まいたうん No.622に、今治拳友会の記事が掲載されました。

今治のことを知るなら「まいたうん」
「まいたうん」は月2回発行しているフリーペーパーです。

株式会社 マイタウン今治新聞社
■「まいたうん」は、今治市・旧東予市に配布しています。
 無料配布68,000部




(以下転載)

県内初!小学生チャンピオン2人誕生
今治拳友会田村虎太郎君(1年)・佐伯朱音さん(5年)
全・日本拳法総合選手権大会



 防具を付け蹴り技や関節技を行う日本拳法の全国大会で、愛媛県から初めて2人の小学生チャンピオンが生まれました。その2人は、今治拳友会に所属する田村虎太郎君(7)と佐伯朱音さん(10)。
 2人は先月大阪市中央体育館で開催された「全・日本拳法総合選手権大会」 に小学1年男子の部、小学5年女子の部にそれぞれ出場しました。また小学2年女子の部でも井出七星さん(8)が準優勝しています。
 ここまで門下生たちが強くなったなった要因を、3人を指導している村上泰史館長(51)は「2年前、週2回から3回に増やした。単純なことかもしれないが、練習量の多さが結果を変えた」と話します。
 その練習は厳しく、館長の叱咤激励が飛び交います。そんな練習場で、生徒らは真剣に練習試合や技の習得を繰り返し行います。
 「いつも他県の子どもが上位入賞していたので、今回の結果は本当に嬉しい。今後も切磋琢磨してほしい」と教え子の輝かしい結果に目元が緩む村上館長。

平成25年10月12日(土)付 MY TOWN まいたうん No.622
 

小学生2拳士 技さえV by 愛媛新聞

2013(平成25)年9月26日付 愛媛新聞に日本拳法全国大会の記事が掲載されました。



全・日本拳法総合選手権大会少年の部で優勝した佐伯さん(中央)と田村君(右)、準優勝した井出さん


小学生2拳士 技さえV
日本拳法全国大会で県勢初
今治の佐伯さん・田村君快挙

 全・日本拳法総合選手権大会(日本拳法全国連盟主催)がこのほど大阪市中央体育館で開かれ、今治市立日高小学校の5年佐伯朱音さん(10)と1年田村虎太郎君(7)が少年の部で県勢初の優勝を果たした。
 日本拳法は防具を着け、突きや蹴り、投げなどで勝負する格闘技。少年の部は突きと蹴りで行い、小学1年から中学3年までの学年別に地区予選などを勝ち抜いた317人が出場した。
 県勢の2人は今治拳友会(村上泰史理事長)に所属。佐伯さんは5年女子の部の決勝で、2学年連続で優勝してきた大阪府の選手と対戦。連打と蹴りで激闘を制し「これまでに2回とも負けていた相手だったので勝ちたかった。優勝は信じられない」と喜んだ。
 1年男子の部の田村君は得意の胴突きで全4試合を1本も落とさず栄冠に輝き、「来年も勝てるようにもっと練習したい」と意気盛んだった。
 今治拳友会の選手ではこのほか、同じ日高小の井出七星さん(8)が2年女子の部で準優勝した。村上理事長(51)は「これまでは全国大会に出場することが目標だった。大阪などが強い中、愛媛からも優勝者が出て、ほかの選手の励みになる」と話している。
 
(2013(平成25)年 9月26日(木)付 愛媛新聞)


転載元: 航 格闘日記

まいたうん No.616

平成25年7月13日(土)付 MY TOWN まいたうん No.616に、今治拳友会の記事が掲載されました。



今治のことを知るなら「まいたうん」
「まいたうん」は月2回発行しているフリーペーパーです。

株式会社 マイタウン今治新聞社
■「まいたうん」は、今治市・旧東予市に配布しています。
 無料配布68,000部




(以下転載)

今治拳友会の門下生5人優勝
日本拳法四国総合選手権大会
「地適な努力、花開く」全国大会へ出場!

 日本拳法四国総合選手権大会が先頃、緑の広場総合体育館(今治市菊間)で開催され、今治挙友会日本拳法今治スポーッ少年団の門下生5人が見事、優勝しました。



 優勝したのは、田村虎太郎君(小1・7)、井出七星さん(小2・8)、宮崎萌子さん(小3・8)、宮崎愛子さん(小4・10)、佐伯朱音さん(小4・10)、の5人。
 5人は9月15日、大阪市中央体育館で開催される全国大会に、四国代表として出場します。
 優勝したメンバーは週3回ある練習を全て休むことなく出席。自主練習も積極的に行ってきました。そんな地道な努力が見事、身を結びました。同少年団の館長・村上泰史さん(51)は「継続は力なりとはまさにこのこと。優勝は逃したが、入賞できたメンバーも3人いた。皆のことを誇りに思う」と弟子たちの功績に満面の笑みです。
 日本拳法は、警察の逮捕術や自衛隊の徒手格闘のベースとなった総合格闘技です。

平成25年7月13日(土)付 MY TOWN まいたうん No.616

愛媛県知事表敬訪問

日本拳法を修練する高校生にとっての甲子園「第57回全国高等学校日本拳法選手権大会」が、8月4日(土)・5日(日)二日間に渡って四国で初めて愛媛県武道館(松山市)において開催されます。
大会に開催されるのを前に、連盟関係者が、愛媛県知事を表敬訪問しました。



愛媛県知事表敬訪問

1.日時: 平成24年5月24日(木曜日)15時45分~

2.場所: 愛媛県庁 知事室

3.訪問者:
 JHNKF全国高等学校日本拳法連盟
 ・理事長 川原 元則、事務局長 橋岡 典昭 
 愛媛県議会議員 徳永 繁樹
 今治市会議員 井手洋行
 愛媛県日本拳法連盟
 ・会長 村上 泰史、 事務部 松本 徹、矢野 美香 (敬称略)

4.事業概要(内容)
 大会名称: 第57回全国高等学校日本拳法選手権大会
 開催日時: 平成24年8月4日(土)・5日(日)
 開催場所: 愛媛県武道館 愛媛県松山市市坪西町551
 主  催: 全国高等学校日本拳法連盟



(2012(平成24)年 5月25日付 愛媛新聞)


主な訪問先
◆5月24日(木曜日) 
 愛媛県武道館視察
 (公財)愛媛県体育協会
 ・事務局長 藤原 恵 様
 愛媛県庁
 ・愛媛県知事 中村 時広 様
 ・教育長 仙波 隆三 様
 松山市
 ・副市長 山口 最丈 様

◆5月25日(金曜日)
 今治市
 ・副市長 長野 和幸 様
 ・教育長 高橋 実樹 様 
プロフィール

nkehime

Author:nkehime
 一般財団法人日本拳法全国連盟所属、公益財団法人愛媛県スポーツ協会 種目協会 愛媛県日本拳法連盟です。
 愛媛が一つとなって、日本拳法の普及、青少年健全育成と地域社会に貢献できるよう活動を展開していきます。

日本拳法 今治拳友会

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR