FC2ブログ

【愛媛県大会】競技規則

愛媛県大会の競技規則の変更をお知らせします。




ファイナルステージは、試合が中断されると時計が止まるフルタイム制(やめで時間が止まる)を採用します。



大会競技規則

個人戦
少年の部(小学生・中学生)
1.試合方法
・3本勝負(2本先取した者の勝ち)とする。
・1本先取後、試合時間終了の時、1本先取者の優勢勝ちとする。
・試合時間内に勝敗が決しない時、判定によって勝敗を決する。
・三位決定戦、決勝戦のみ、試合時間内に勝敗が決しない時、時間無制限の1本勝負の延長戦により勝敗を決する。
・警告は3回で2本負けとする。

2.試合時間
・試合時間は1分30秒とする。主審より指示がない限り時計は止めない。
 (ただし、決勝戦のみ試合の中断で時計を止める。)

3.顔面への攻撃は全て「空撃」で当てない。又、顔面への蹴り技は横蹴りのみとする。

4.その他は、日本拳法全国連盟競技規則の日本拳法少年部競技規則に則って行う。
 

男子、女子、高校男子の部
1.試合方法
・3本勝負(2本先取した者の勝ち)とする。
・1本先取後、試合時間終了の時、1本先取者の優勢勝ちとする。
・試合時間内に勝敗が決しない時、判定によって勝敗を決する。
・三位決定戦、決勝戦のみ、試合時間内に勝敗が決しない時、時間無制限の1本勝負の延長戦により勝敗を決する。

2.試合時間
・試合時間は2分間とする。主審より指示がない限り時計は止めない。
 (ただし、男子は決勝戦・三位決定戦のみ、女子、高校男子は決勝戦のみ試合の中断で時計を止める。)

3.その他は、日本拳法全国連盟競技規則に則って行う。
 

団体戦
1.試合方法
・対試合は五人制とし、勝者数の多いチームの勝ちとする。
・3本勝負(2本先取した者の勝ち)とする。
・1本先取にて時間切れの場合は、1本先取者の勝ち。
・警告点1回0.5は勝敗には不採用、但し2回で1本を相手に与える。
・時間切れ引分けの時は引分け。
・団体勝利は勝ち数の多いほうの勝ち。
・勝敗同数の時には引分けとし、代表者戦にて勝敗を決するものとする。
(チーム勝敗には、本数は採用しない。)
・代表者戦は、3本勝負にて行ない、同点の時は延長1分間1本勝負、
なお決さざるときは判定とする。
(ただし、決勝戦・三位決定戦のみ無制限一本勝負とする)

2.試合時間
・試合時間は2分間とする。主審より指示がない限り時計は止めない。
 (ただし、決勝戦・三位決定戦のみ試合の中断で時計を止める。)


3.対試合における選手の配列
・有段者を有するチームは、必ず大将に有段者を配さねばならない。
・出場選手が定員に満たない場合、大将、先鋒以外の選手の配置は自由とする。但し、両チーム共に定員に満たない場合は、大将、先鋒以外の選手の配置は、提出されたメンバー表の順に副将より後詰めとする。
4.登録選手の入れ替え
・前日までに届出の無い当日の変更は、理由の如何に関わらず認めない。
・登録選手以外の出場は、当日の全試合を失格・没収試合とし負けとする。
 (試合後、発表後の発覚であってもこれに準ずる。)
・チームの登録選手が止むなき事情により欠員が生じ、チーム編成(5名)が不可能になった場合に限り、5名に満たない不足者数に対してのみ補充を認める。

5.その他、日本拳法全国連盟競技規則に則って行う。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛媛コタロー

Author:愛媛コタロー
 一般財団法人日本拳法全国連盟所属、公益財団法人愛媛県スポーツ協会 種目協会 愛媛県日本拳法連盟です。
 愛媛が一つとなって、日本拳法の普及、青少年健全育成と地域社会に貢献できるよう活動を展開していきます。

日本拳法 今治拳友会

YouTube Video channel of Imabari Kenyuukai

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR