FC2ブログ

【愛媛県大会】大会競技規則

愛媛県大会の競技規則をお知らせします。

【愛媛県大会】大会競技規則


[大会関連 - 愛媛県日本拳法連盟]をご覧下さい。
 
(以下参照)
--------
大会競技規則

【少年の部(幼年・小学生・中学生)】
1.競技方法
(1) 試合方法 予選リーグ・決勝トーナメント戦方式
リーグ戦の試合時間は、1分間 3本勝負。
・3本勝負(2本先取した者の勝ち)とする。
・1本先取後、試合時間終了の時、1本先取者の優勢勝ちとする。
・取得本数が同数の場合は引き分けとする。
 リーグ戦の順位は以下の順位で判断する。
①勝ち数が多いもの ②負け数が少ないもの ③取得本数が多いもの 
④取られた本数が少ないもの
以上が同数の場合は再試合を1分間の1本勝負の延長戦を行う。 
さらに勝敗が決しない時、延長戦における判定によって勝敗を決する。
決勝トーナメントは、1分間30秒 3本勝負。
・試合時間内に勝敗が決しない時、1分間 1本勝負の延長戦を行う。さらに勝敗が決しない時、延長戦における判定によって勝敗を決する。

(2) 試合方法 トーナメント戦方式
トーナメント戦の試合時間は、1分間30秒 3本勝負。
・3本勝負(2本先取した者の勝ち)とする。
・1本先取後、試合時間終了の時、1本先取者の優勢勝ちとする。
・試合時間内に勝敗が決しない時、判定によって勝敗を決する。
・三位決定戦、決勝戦は、試合時間内に勝敗が決しない時、1分間 1本勝負の延長戦を行う。さらに勝敗が決しない時、延長戦における判定によって勝敗を決する。

2.小学4年生以上中学2年生以下の男女及び中学3年生女子は「少年ソフト面」を着装する。顔面への攻撃は全て「空撃」で当てない。男子中学3年生のみ「一般面」を着装し、面への直接打撃を必要とする。全学年共、顔面への蹴り技は横蹴りのみとする。

3.「少年面ソフト面」の脱落放らんについては、警告対象としない。

4.使用できる「少年ソフト面」は、「日本拳法全国連盟」が販売する公認の面、又は大会実行委員会が認めた面とする。

5.試合場で呼び出してもいない選手は失格とする。

6.肘や膝へのサポーターは綿の入っていないものは認める。

7.その他は、日本拳法全国連盟競技規則に則って行う。
 

【高校、一般男子、女子の部】
1.試合方法
・3本勝負(2本先取した者の勝ち)とする。
・1本先取後、試合時間終了の時、1本先取者の優勢勝ちとする。
・試合時間内に勝敗が決しない時、判定によって勝敗を決する。
・準決勝は、試合時間内に勝敗が決しない時、1分間1本勝負の延長戦を行う。
さらに勝敗が決しない時、延長戦における判定によって勝敗を決する。
・三位決定戦、決勝戦は、試合時間内に勝敗が決しない時、時間無制限の1本勝負の延長戦により勝敗を決する。

2.試合時間
・試合時間は2分間とする。
・一般男子(有段)は、準々決勝以上の試合時間は3分間とする。

3.選手参加費未納者は失格とする。

4.その他は、日本拳法全国連盟競技規則に則って行う。


【「表足プロテクター」に関する競技規定】
 大会では表足プロテクターの任意着装を認める。
 「表足プロテクター」着装に伴う注意事項は以下の通りとする。
1.自らの腰より低い位置にある相手の面への蹴り技(実撃)を禁止する。
 「危険行為」の対象とする。

2.「表足プロテクター」の脱落放らんについては、防具脱落の警告対象となる。
【表足プロテクターについて】
・表足プロテクターは、日本拳法全国連盟認定の製品の着装を許可する。
・「表足プロテクター」の着装は認めるが、シューズの着装は不許可とする。


【参加上の注意事項】
(1) 各所属団体にて、各自スポーツ傷害保険に加入済みであること。
傷害においては引率団体の責任で対応すること。
(2) 参加者は、各自の責任において健康管理に十分に配慮し参加すること。
スポンサーサイト

テーマ : 武道
ジャンル : スポーツ

プロフィール

愛媛コタロー

Author:愛媛コタロー
 一般財団法人日本拳法全国連盟所属、公益財団法人愛媛県スポーツ協会 種目協会 愛媛県日本拳法連盟です。
 愛媛が一つとなって、日本拳法の普及、青少年健全育成と地域社会に貢献できるよう活動を展開していきます。

日本拳法 今治拳友会

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR